2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日記・コラム・つぶやき

2017年3月26日 (日)

3月20日月曜日 晴れ(3)

桜の花に来ていた野鳥のもう一つがメジロです。
体は小さいのですが、10羽以上の群れで「チーチー」と鳴き交わしながらちょこまかと動いているので結構目立ちます。人をあまり警戒しないため、気が付くと頭のすぐ上にいたりして、カメラの枠の中に入れるのが大変でした。

ヒヨドリに比べて小さいのでほとんど顔全体を花に入れて蜜を吸っています。
桜の花粉もくちばしではなく顔全体についているようでした。

個人的に(スギの花粉症で苦しんでいることから)桜の花粉が目や鼻に入ってかゆくなったりしないか心配ですが・・・

A_sa_dsc_0030

A_ssa_dsc_0015


A_ssa_dsc_1373


A_ssa_dsc_1315

ちなみに、昆虫が少ない、春の早い時期に開花する桜などは、鳥が受粉のお手伝いをしていることから鳥媒花(ちょうばいか)というのだそうです。

3月20日月曜日 晴れ(2)

桜の花を見ていたら、花見ならぬ花の蜜を吸いにたくさんの野鳥が集まっていました。
特に目立ったのが体の大きなヒヨドリ。枝先に器用に止まって花の中にくちばしを差し込んで蜜を吸っています。
普段は黒いくちばしが、桜の花の花粉で黄色くなっていました。

A_ss_dsc_1217


A_ssa_dsc_1243


A_ssa_dsc_1343


3月20日月曜日 晴れ(1)

娘を大学まで送っていったら、もうサクラが咲いていました。なんという名の桜だろうと思ったら、さすがに農学部だけあってきちんと樹名板もついていました。
ピンク色が大寒桜、赤色が濃い方が八重寒緋桜、花が大きく白っぽいのが早咲大島と、いずれも「寒」とか「早咲」とかソメイヨシノよりも早く咲く品種でした。


1_ookannzakura1


17362009_821541024653844_7652070230


17352153_821541134653833_7948698026

17352059_821541241320489_8749627619


3月19日日曜日 晴れ

毎月第3日曜日は牛久自然観察の森の定例バードウォッチングの日ですが、毎回団地のドブそうじの日と重なっていて、さらに今日は年に2度回ってくる公園清掃の当番だったため、大幅に遅刻というか、コースを一回りして追いついた時にはすでにまとめの鳥あわせが始まっていました。

そんなわけで、今日もひとりバードウォッチングだったのですが、コジュケイがやけに騒いで何羽も飛び出すものだから、何かあると思ってみていたら、犯人はこいつでした。

A_sa_dsc_1201_s

イタチです。アップでみるとぬいぐるみのようにかわいいのですが、小動物や野鳥を襲って捕食する肉食獣です。
コジュケイを狙っていたのでしょうか?

(あわててシャッターを押したので少しピンボケです)

A_ss_dsc_1202


A_ssa_dsc_1197


2015年6月 6日 (土)

アサザが開花

6月6日(土) 午前 曇り 24℃

玄関脇においてある水を張った古い火鉢で、今年もアサザが開花しました。

漢字では「浅沙」と書くのだそうですが、朝に開いた花が午前中のうちに閉じてしまうので「朝閉(あさざ)」と覚えると忘れません。(曇っている日は昼過ぎまで咲いていることもありますが・・・・)
参考までに、同じスイレンの仲間で、未の刻(ひつじのこく=現在の午後2時頃)に咲くヒツジグサという種類もあります。さしづめこちらは「昼座」でしょうか?

ボウフラ退治のために昨年入れておいたメダカが2匹になってしまったので、調査を兼ねて新しいメダカを探しに行ってきます。

0606_ss_dscn9811


2015年6月 3日 (水)

ホタルブクロの花が咲き始めました。

庭でホタルブクロの花が咲き始めました。

ホタルブクロという名前の由来は、「昔、子どもがホタルを捕まえてこの花の中に入れて、提灯のようにして遊んだから」とのこと。

学生時代から、この花が咲くとそろそろ筑波山でゲンジボタルが見られる頃・・・と出かけたものです。
ということは、市内のあの場所でも、もう光っているかな?

0531_ss_dscn9810


2015年6月 2日 (火)

畑の住人(害虫?)たち

【畑の害虫】

 畑の野菜についていた虫達のうち、写真撮影できたものを紹介。

0524ss_dscn1497
まずは、アブラナ科の植物につくナガメ(菜亀)。黒地にオレンジ色の線が入った模様は、頭を下にしてみると仮面のように見えます。学生時代にテレビでやってたジンメンカメムシ(人面カメムシ)も同じような模様でした。

0524ss_dscn1468
キュウリやかぼちゃの葉を食い荒らすウリハムシ(瓜葉虫)はリング状の食痕を残します。苗が十分育っていれば、葉っぱの一部をかじられるくらいはなんてことないのですが、苗が小さい頃に大量に付かれると枯れてしまうこともあり、オレンジ色の憎いやつです。


0524ss_dscn1465
そして、キャベツに穴を開けるアオムシくん(種不明のガの幼虫)。実は、これより大きなヨトウムシ×3とモンシロチョウの幼虫×4もついていたのですが、キャベツの葉に開いた穴と葉の間に大量に残されていたフンがあまりにもイヤだったので、写真撮影前に即退場処分しました。

2015年5月24日 (日)

太ももの内側をこすってなく(?)

5月24日(日)晴れ 気温27℃

畑の周辺で「シリシリシリシリ・・・」と虫の鳴く声が聞かれるようになりました。

これまた、畑作業の草取りの合間に、そっと音源の方に近づいてヒナバッタを発見。
近づくとすぐに飛んで逃げてしまうので、体を低くしてほふく前進でやっと撮影に成功しました。


0524ss_dscn1470

バッタの仲間は後ろ足の太ももの内側と羽の縁をこすりあわせて音を出します。
2枚目の写真で、足を動かしている(ちょっとぶれている)のがわかりますか?

0524ss_dscn1471

ちなみに、耳は太ももの内側の腹側にあります。
耳のすぐそばで大きな音を出してうるさくないのか、人ごと(虫ごと?)ながら心配になります。

カラスのくちばし

5月24日(日)晴れ 気温27℃

 畑の雑草を抜いていた時に、久しぶりに見事なカラスのくちばしを見つけました。

0524ss_dscn1487
 実はこれ、カラスノエンドウの熟した実(豆のさや)の部分です。
 野生のエンドウマメの仲間であるこの植物は、熟した実が黒くなり、カラスのくちばしに似ていることからこの名がついたとのことです。

 カラスのくちばしにみえますか?

畑の害虫たち

5月24日(日)晴れ 気温27℃

 畑の野菜についていた虫達のうち、写真撮影できたものを紹介。

 まずは、アブラナ科の植物につくナガメ(菜亀)。
黒地にオレンジ色の線が入った模様は、頭を下にしてみると仮面のように見えます。学生時代にテレビでやってたジンメンカメムシ(人面カメムシ)も同じような模様でした。

 キュウリやかぼちゃの葉を食い荒らすウリハムシ(瓜葉虫)はリング状の食痕を残します。苗が十分育っていれば、葉っぱの一部をかじられるくらいはなんてことないのですが、苗が小さい頃に大量に付かれると枯れてしまうこともあり、オレンジ色の憎いやつです。

 そして、キャベツに穴を開けるアオムシくん(種不明のガの幼虫)。実は、これより大きなヨトウムシ×3とモンシロチョウの幼虫×4もついていたのですが、キャベツの葉に開いた穴と葉の間に大量に残されていたフンがあまりにもイヤだったので、写真撮影前に即退場処分しました。
0524ss_dscn1499

0524ss_dscn1468


0524ss_dscn1465


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ