2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2015年6月 | トップページ

2017年3月に作成された記事

2017年3月26日 (日)

3月20日月曜日 晴れ(3)

桜の花に来ていた野鳥のもう一つがメジロです。
体は小さいのですが、10羽以上の群れで「チーチー」と鳴き交わしながらちょこまかと動いているので結構目立ちます。人をあまり警戒しないため、気が付くと頭のすぐ上にいたりして、カメラの枠の中に入れるのが大変でした。

ヒヨドリに比べて小さいのでほとんど顔全体を花に入れて蜜を吸っています。
桜の花粉もくちばしではなく顔全体についているようでした。

個人的に(スギの花粉症で苦しんでいることから)桜の花粉が目や鼻に入ってかゆくなったりしないか心配ですが・・・

A_sa_dsc_0030

A_ssa_dsc_0015


A_ssa_dsc_1373


A_ssa_dsc_1315

ちなみに、昆虫が少ない、春の早い時期に開花する桜などは、鳥が受粉のお手伝いをしていることから鳥媒花(ちょうばいか)というのだそうです。

3月20日月曜日 晴れ(2)

桜の花を見ていたら、花見ならぬ花の蜜を吸いにたくさんの野鳥が集まっていました。
特に目立ったのが体の大きなヒヨドリ。枝先に器用に止まって花の中にくちばしを差し込んで蜜を吸っています。
普段は黒いくちばしが、桜の花の花粉で黄色くなっていました。

A_ss_dsc_1217


A_ssa_dsc_1243


A_ssa_dsc_1343


3月20日月曜日 晴れ(1)

娘を大学まで送っていったら、もうサクラが咲いていました。なんという名の桜だろうと思ったら、さすがに農学部だけあってきちんと樹名板もついていました。
ピンク色が大寒桜、赤色が濃い方が八重寒緋桜、花が大きく白っぽいのが早咲大島と、いずれも「寒」とか「早咲」とかソメイヨシノよりも早く咲く品種でした。


1_ookannzakura1


17362009_821541024653844_7652070230


17352153_821541134653833_7948698026

17352059_821541241320489_8749627619


3月19日日曜日 晴れ

毎月第3日曜日は牛久自然観察の森の定例バードウォッチングの日ですが、毎回団地のドブそうじの日と重なっていて、さらに今日は年に2度回ってくる公園清掃の当番だったため、大幅に遅刻というか、コースを一回りして追いついた時にはすでにまとめの鳥あわせが始まっていました。

そんなわけで、今日もひとりバードウォッチングだったのですが、コジュケイがやけに騒いで何羽も飛び出すものだから、何かあると思ってみていたら、犯人はこいつでした。

A_sa_dsc_1201_s

イタチです。アップでみるとぬいぐるみのようにかわいいのですが、小動物や野鳥を襲って捕食する肉食獣です。
コジュケイを狙っていたのでしょうか?

(あわててシャッターを押したので少しピンボケです)

A_ss_dsc_1202


A_ssa_dsc_1197


« 2015年6月 | トップページ

無料ブログはココログ