2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2014年5月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年6月に作成された記事

2014年6月 1日 (日)

本日のベストショット

2014年6月1日(日)晴れ 気温30℃

今日は県北に昆虫の調査に行く予定だったのですが、いろいろと用事ができて結局出発時間が11時頃になってしまいました。
どうしようかと考えていた時、自然観察指導員のIさんが主催する観察会のお知らせをいただいていたことを思い出しました。そこで、予定を変更し、涸沼自然公園へと向かいました。
午後の観察会のメニューはK先生の指導による若宮川の水生生物の調査(?)。自分たちは学生の頃から「ガサ入れ」と呼んでけっこう普通に嗜んでいましたが、最近はこの調査(あそび)を伝承する若い世代も少なくなっていて、ぜひとも若手に技を伝授したいとのK先生の熱意&おすすめもあって、自分も胴長を履いて川へと入りました。

とはいえ、熱心に採集を進めるK先生とIさんに比べて、技を伝授したい若者2名&自分はどちらかと言うとあまり熱心でなかったような(申し訳ありません)、けっこう浮気をしてあちこちで写真撮影などをしていました。

そんな今日のベストショットがこれです。
カワトンボの写真を撮影しているのは最年少のR君。
Bestshot_ss_dscn9672_30002250

おそらく説明もなく上の写真だけ見ると、視線はこちらのヒガシカワトンボに行くのですが・・・

Higasikawatonobo_ss_dscn9670_350026

腕時計が水中に入り、おしりが水に着くのも気にせず、一心不乱に写真撮影をしているのですが

よく見ると帽子の上にいつの間にかヤマサナエが停まっていました。
Yamasamnae_cap_s_dscn9674

今日調査した若宮川では、ちょうど今の時期ヒガシカワトンボとヤマサナエが多いのですが、
ヤマサナエは警戒心が強く、なかなか近くで写真を撮らせてくれませんでした。
殺気を消して心を無にしていれば、トンボの方から寄ってくるのかもしれませんね。

Yago_ss_dscn9704
その他、本日のガサ入れの成果(トンボのヤゴ編)の画像です。
これから成虫になる予備軍のトンボとして、これだけの種類を記録しました。
左より、コオニヤンマ、ヤマサナエ、コヤマトンボ、ヒガシカワトンボ、ハグロトンボのヤゴです。


その他、トンボではシオヤトンボとムカシヤンマが観察出来ました。

ちなみに、魚類はカワムツ、オイカワ、ウグイ、ギンブナ、モツゴ、タイリクバラタナゴ、トウヨシノボリ、ヌマチチブ、ウキゴリ、ギバチ、ドジョウ、ブルーギルを確認。K先生によると数年前はスナヤツメもいたのですが、昨年からブルーギルが採れるようになり少しずつ変化が出てきているとのことでした。


« 2014年5月 | トップページ | 2014年9月 »

無料ブログはココログ